劇症魚鱗症だ.

赤ちゃんは排泄力が強いために異物を皮膚の外に捨てようとして,劇症型魚鱗症になることがある




生後三ヶ月から発症したこの男性は曲がったまま引き出されたという.そのときの背骨への圧迫が脾臓の機能を低下させて.魚鱗症を発生させたが.27年間苦しみ、テアテマンドールと出会い約8ヶ月で90%が消えたのだった。乾癬は鬱血の排泄行為である。