乾癬の原因を探る13:
ケーキ屋さんのご子息が
交通事故で発症した。

この状態は、まだ鬱血が少ない方ですので、皮膚の大きな剥離が見られないのです。
しかし排泄がうまく行かなければ血液のまま排泄してしまうことでしょう。

肩に出た乾癬
スネに出た乾癬
肘に出た乾癬

この男性は43歳。
交通事故で肋骨にヒビが入り、2ヶ月入院。その後乾癬を発症したという。

実家がケーキ屋さんで、余ったケーキを毎日食べていたそうです。
お兄さんも乾癬なので遺伝だと思っていたと言いました。

おそらくお兄さんも子供の時からケーキを沢山食べて育ったのでしょう。食物遺伝です。
そのために膵臓を疲労させ腫れさせてしまい、脾臓を圧迫したと考えられます。
当然この方も、十分にその条件を満たしていたところへ、交通事故という衝撃が加えられ、一度に脾臓の機能を低下さてしまい、発症したと考えられるのです。

この男性の出方を見ていて、気が付いたことが有ります。北九州で施術した男性の白壁のような乾癬の出方と同じ場所のように思えます。
その人も、スネと、肘下、そして肩に出ていたのです。

乾癬の出方を見ていて、似たような人がいることに気がつき始めてきたのですが、この男性と以前の男性が、殆ど同じ場所だけに出ているのを見て、何か共通点が有るような気がします。
その共通点が何であるかまだ判りませんが、同じ場所であるということは体内の原因か、食生活が似通っているのか、これからの課題です。