乾癬とキムチ(原因を探る5)

乾癬にはキムチ大敵です。
唐辛子にはカプサイシンという辛み成分があってこれが脂
肪酸を燃焼させると10数年前に京大で研究発表されたの
です。
しかし辛み成分は消化されないので肛門を刺激する。

ですからキムチを食べると、鼻から汗を出す人が結構いる
のです。
勿論全身から汗が出ているのですが、

汗が突然大量に出ると言うことは、それだけ皮膚表面に血
流が多く流れると考えて良いでしょう。

乾癬は古い血液の鬱血ですから、血流が多くなれば鬱血が
厚みを増してしまうのです。

それで折角状態が良くなった人がキムチを沢山食べてしま
い、逆戻りしてしまった乾癬の人が数人いました。

キムチばかりでは有りません、
激辛カレーなど
危険です。

戻る
戻る