乾癬とスイーツ(原因を探る4)

スイーツとはうまいネーミングのヒットです。
ネーミングで売れることが結構ありますね。

しかし、
甘いものは或る意味麻薬です。
気が狂ったり幻覚を見たりはしないのですが、ドンドンエスカレートして行きます。
あなたはいかがですか?

乾癬になっている人でかなり大量に糖分を摂取してしまっている人が結構います。

砂糖ばかりでは有りません
人工甘味料アステルパーム類は砂糖の600倍の甘さと言います。
さらに悪いことに
口の中が冷たくなると、甘さが感じられないのです。
ですからアイスクリームなどはこの人工甘味料でなければ食べて甘いと感じないわけですが、
これがかなり膵臓に機関銃をぶっ放すのです。
まぁ、言ってみれば自爆テロですな。

北国では他より糖度が高くなります。冬のケーキは砂糖を増やすと知ってましたか?

これはチョコレートにも使われてますから、後ろの成分表をよく見てみましょう。

膵臓が腫れてきて上向きに寝ると左肋最下段だけがつかめるほど脹らむ人も結構いますよ。
先日も8才の男児がそうでした。全身軽い魚鱗症でしたよ。

膵臓の腫れが、脾臓を圧迫してその機能を低下させてしまい、古い血液が体内に流れ出すか
らだと考えています。

ケーキバイキングに毎週通っていて、毎晩アイスクリームを食べていた50代の男性は全身が
梅干し色の魚鱗症でした。

食生活を改めて、その症状から脱却したのです。テアテマンドールの施術は外からの努力です
が、内側の努力も大切です。それは食生活の見直しです。
内と外が繋がって、効果が出るようです。

さらにスイーツは
ご存じ糖尿病をつくり出すのです。
糖尿病は男性の性欲をそぎ落としてしまい、生きる力を減退させます。
女性はされれば出来る形ですが男性は気が起きないと全く勃起しないのです。

野菜の甘さは砂糖と同じです。
石から造られている砂糖はないのですよ。
野菜だけでこんなに甘い料理が出来るのよと、自慢している女性を見かけますが、その
料理がノコギリになって旦那の足を切り落とし、息子を不能
者へと駆り立てているのです。

とにかく、ぴたりと甘いものを止めてみるのです。
三度の食事を良く噛んで食べれば糖分摂取は十分です。

ちょっとだけよと食べ続けていると
膵臓が疲れて血液の糖度があがります。
腎臓がこれを洗い落としてくれるのですが
小便と汗で体外に出るのが三分の一ばかりで、後は体内環
流されてしまうのですから
素人考えでも、甘い小便が血液に混ざって行くと考えて自
然でしょう。
すると
血液ベースは糖度が高くなっていますので
ちょっとだけよとスーツを摂取すれば、
まるで地雷を埋め込んでおいて上からスキャットミサイルを
撃ち込むという米国式になってしまいます。
私は自爆テロと下着にでも描いておくと良いでしょう。
結局自分で自分をやっつけてしまうからです。
戻る
戻る