乾癬と野菜食
野菜の中には白血球を増やし免疫を上げる物が結構あること
が判ってきています。
キノコ、キャベツ、茄子、大根には薬剤として使用されるインタ
ーフェロンと同じかむしろ強いくらいの作用を持っていると帝京
大学の山崎正利教授が書いておられるのです。果物ではスイ
カやバナナ、パイナップルに臨床の薬と同じくらいの作用があ
るというのです。

白血球が増えすぎるとアレルギー体質になってくるのは確か
なことで、これを制御する野菜も実は存在していたのです。
増えすぎて邪魔になった白血球の働きを抑制する野菜が有っ
たのです。
生姜や紫蘇がそれです。

乾癬は血液問題だと捉えてみると、かなり優秀な野菜と言える
のではないでしょうか。

只山崎先生も仰ってますが、そればかり単品を多く摂取するの
は禁物で、万遍なく戴くことが大切です。

乾癬の人は血液浄化をするために、雑穀米などに切り替え
て、良く噛んで唾液と混ぜて口の中でおかゆを造ることが大切
です。レタスの葉っぱでも50回噛んでいると味が深まります。
そして面白いことに雑穀米を良く噛んで食べていると、肉類が
それほど欲しくなくなり、その上もっと活力が出てきます。それ
に梅干しを毎回食べることも大切です。

中国の梅干しは苦梅と言ってますがエキスが種に入ってしま
い割って種の白い核を食べてみると苦くて食べられないので
す。
そこで中国人はこの核を干して磨り潰しアンニン豆腐にして食
べているのですが日本の梅は梅肉エキスが豊富ですから、青
梅で死んだりもするのです。中国ではその事件がないのです
から、三国志などに兵に梅の林があるぞと入って励ましたの
も、青酸で死ぬことがないからでしょう。




戻る
戻る