気力がない訳と体毛関係は?

仕事はやりたいがドンドン元気が無くなってきて、覇気が無く、ボーっとしてしまう。
でもコンピューターに憑依されて入るがごとき朝から深夜まで座りっぱなし。ろくに食べなくても
平気だ。食べたくないから。缶コーヒー、たばこ、の繰り返しの連日だ。

原因が病院でも分からない。それに癌でも宣告されたくないし、行きたくないや!

こんなあなたではありませんか?

この男性は40歳だったかな、ちょっと良く分からないんですと言う程衰弱していた。
心根が優しそうで良いパパです。
でも背中には左側に蒲鉾を並べてお尻まで貼り付けたようになっていたのです。
肝臓が弱り、膵臓が弱ってますという線が出ていました。
さらに驚くことにケツは少女のようにすぼんでいたのです。
腰には腸が弱いですという、弱い部分だけが体毛が濃くなる典型の黒い毛がモジョりと生えて
いたのです

体毛は薄い方ですが、ここ、つまり腸の所だけに生えているのです。撮影と掲載を快諾された
ことは、同じような方のお役に立つことでしょう。
皿にケツはテアテの施術をまず左側から施しましたら、一度で山が崩れて丸くなったのです。
右側はそそり立っています。

既に背中の蒲鉾は半減していましたので、効果が大きかったようです。そして右側を施術する
と。

ご覧のように左右が平均化したのです。それに連れて顔色も赤みがさし楽になったようでした。

左側が蒲鉾になっていると言うことは膵臓の機能低下が疑われますし、横にある肝臓機能低
下や胆嚢の問題を考えてみる必要があるでしょう。
胆汁の出が悪くなっていれば、脂肪分分解率が下がり、糞がべたつき便器に残ったりするの
ですし、何度も拭くから痔にも成安のです。
そして膵臓から出る膵液が減少してきますと消化活動が低下してきますので、食べられなくな
ったり、その逆に痩せの大食いを起こすのです。

これでは腸の働きは下がるばかりで、気力が出なくなってしまうのです。
整腸に心懸け、リンゴ酢と蜂蜜を溶かして毎朝飲んだりすることで腸機能上昇を計ることも良
いでしょう。
戻る
戻る