整体てあてまんどーるの手技で健康回復
てあてとは日本語の手当または手充てから来る治療の原点
です。
それは血液が流れるときに生じる生態電気が手から特に多
く出るのを私たちが知っているから、誰でも痛いところに手
を充てるのです。
まんどーるはMains d'ORからきています。
マンは手のことでドールは黄金の意味です。お菓子屋さん
やレストランアなどで多く使われ出しましたからこのごろは
わかるようになってきました。パリにはこの名前、マンドール
通りがあるのです。かつてやはり手技で人を直す人が住ん
でいて多くの人が助かったのでそう付けられたそうです。

最近の話ですが
35歳の男性です。東京から北海道に出張にきてからどんど
ん体がだるくなってきて、やる気がなくなり、気力が出ない
のです。
札幌で結婚して奥様は妊娠5ヶ月の状態です。

がんばらなければならない年齢です。
しかしどうも不調だというのです。

見てみますと膵臓の裏にかまぼこを貼り付けたようになって
いて、ケツ曲がりになっていました。当然上向きで寝ると腰
が痛み。慢性の腰痛です。腸が弱くすぐに下痢。
だから、ついつい甘い物に手を出してしまいます。

さらに悪いことに
北海道にきてから、アイスクリームがおいしい、メロンがお
いしい、ジャガイモがおいしい、トウキビがおいしいと
常時糖分の食べ過ぎだったのです。
メロンだけではなく果物全般です。
食べると急激に一時的低血糖状態を引き起こすので、さら
に食べたくなり、札幌の空気の冷たさが口中を冷やし甘さを
感じにくくしていることも悪化の原因でした。

だから札幌は日本一なのです膵臓癌死亡率が!

もちろん膵臓疲労です。
二度目の施術で驚いたことに、久しぶりにぐっすり眠れたと
のことでした。
まるで背後霊のような顔色だったのが生き返ったように血色
が戻っていました。
さらに
かまぼこが半減していたのです。
もちろん甘い物はやめる決心をしたそうです。


戻る
戻る