札幌狸小路HUGの厚岸牡蠣がうまいわけ

膵臓が腫れると、もちろん機能低下を起こすのだ。
そんなとき牡蠣に含まれる亜鉛分が大いに助けになる。

厚岸の牡蠣は海水温度が低いから、
夏でも食べられるのだ、そーだよ。

札幌にきて、ススキのあたりで飲み過ぎたら、狸小路の
HUG右奥の厚岸牡蠣を焼いてもらって5〜6個食べると、す
っかり調子が良くなってくる。

酒の飲み過ぎ、甘い物を食べ過ぎる。そういった若者が増
えている。
朝飯は串団子6本という恐ろしい若者がいるのだ。
もちろん毎朝目覚まし代わりにチョコレートをバックりだよ。

「朝立ちあるだろうね」っと聞いてみると
毎日じゃあないですけどありますと胸を張った。
じょうだんじゃあないよ
二十代なら、毎朝割れそうになるぐらい、はち切れそうに立
ってるやつを握って目が覚めるモンだよ。

ある39歳の男は。
手のひらが真っ赤で胆汁の出が悪いという線がガッキリと
刻まれている。
これじゃあ痔にもなるよっと申し上げると。
あたりーー〜〜〜っと叫んだ。
かみさんとは月一程度の同衾だというのだ

いやー
札幌をスイーツの街にと意気込んでいる商工会議所のじい
さま達は、自分は使い物にならないからいいかもしれんが
さ、国を傾けてしまう計画だよ。

なんっつたって
男が立たなくなるのがスイーツ食べ過ぎだからよ。

札幌が糖尿病から膵臓癌になっての死亡率日本一だという
のを北海道新聞が記事にしていたことがあった。

お〜〜ぃい
じいさまたちよ。
若者をひ弱にするスイーツをやめて、
厚岸の牡蠣でも
どっさり食べさせてくれよ〜〜〜〜
戻る
戻る