おならが臭い
快音でおならをぶっ放す開放感はたまらなく気持ちがいい物だ
が、昨今人混みが多くなり、家庭ないも狭くなり、思い切ってお
ならも出せない状況に苦しめられているのです。

特に周りを気にする人は大変です。
やせているのに下腹だけがふくらんできてガス腫れ状態を起
こしているのです。

そして、そっと出したおならが臭くて家族にくさいくさいと言われ
てしまうという悪循環の環境なのです。

そんな人は腸の中で、大便が腐ってきている証拠でしょう。
便通が良くないので、どんどん醸し出されて、ガスは濃くなって
くるのです。
いよいよ出なくなってきたら溜まったおならはどこへゆくのだろ
う。
ある人は腸を逆流するという人もいるが、ちょっと無理な話だ。
これを体外に捨てるには、おならとして捨てられない分は血液
がこれを吸い取って、頭に回り肺でガス交換するというのだ。
だから息が臭くなって来るのだが、自分は気づけないのだ。

あんまり臭い人は腸の病気をすることもあるのだから、一応病
院で相談する方がいいでしょう。

そんな人は手のひらがごわごわとした感じがするのです。
さらにふくらはぎが朝方痙攣したり、足の指特に薬指がつった
りするのです。

腸の働きを悪くするのは、もちろん体質遺伝もあるでしょうが痩
せの大食いも、腸をどんどん痛めつけてしまいます。

さらに痩せの大食いは、甘い物に手を出してゆき、ついにはく
そデブにまでなってしまうのです。

おならが臭いと思ったら、整腸に心がけよう。
毎朝、リンゴ酢と蜂蜜をティースプーン一杯ずつコーヒーカップ
にお湯で溶かして飲んでいるうちに、きっと腸の内側が良くな
るでしょう。
当店テアテマンドールでもこれを推奨し、実践している人の顔
色が良くなり激やせの人はほどよく肉が付き、デブのひとは身
が引き締まってくるのです。
いる物を摂取し要らない物を捨てるという正しい循環が行われ
るからです。

このリンゴ酢と蜂蜜はバーモント地方の飲み物で、そこの人々
は腸年齢が25〜35歳も平均で若いというのです。
これが腸の内壁をよくすると言うことは日米の医師団が検証し
ているのです。

戻る
戻る