足裏の皮膚が剥ける。水虫だろうか?

私三戒堂も子供の頃から水虫のようだったのです。
風呂に入って、出てから、ひとしきり、足裏の皮むきに熱中
した物です。あまりに追求しすぎて、血が出たりしました。も
ちろん水のつぶつぶもあったり、乾いてkさぶたのようになり
おもしろいほど剥けたのです、

でもその水が指についても移りません、
おかしいと思っていたのです。
爪水虫は真菌ですから、同じ爪切りで移ったりします。
そして私は、
子供の頃からひどい便秘でした。
小学校でお漏らしをしてから、くそなど人間のすすることで
はな〜〜い!と自己暗示をかけたようですので。一週間に
一回出ればいい方でした。
もちろんしょっちゅう原因不明の熱は出るは、腹痛はする
は、時には恐ろしい腹痛から大下痢をするやら朝方にふくら
はぎがつり上がって、激痛が走ったりしたのです。
当然泳いでいても引きつったりはしょっちゅうでした。

それらが全部腸の機能低下によると知ったのはずいぶん後
になってからでした。

足脳あらの皮膚が剥ける水虫様態は、実は手のひらの皮
が剥けてくる、手のひら乾癬と同じ事だったのでしょう。
40歳になり帰国してきて、図太くなったのか、開き直ったよ
うで、毎朝9時に大便が出始めたのです。

するとそれまで、胴回り73センチ体重58キロ、慎重174セ
ンチという体型が20年も同じ背広を着られるという特典でも
あったのに、どんどん太ってきて、胴回り100を超えたので
す。

そんなとき、ふと気がついて足の裏を見ると、実に綺麗にな
っていたのです。もちろんかかとのひび割れもありません
し、水虫様態の皮膚の剥けも消えていたのです。

そこで気がついたのです。
足裏のひび割れや、水虫様態の剥けは
腸の機能不全であるということに!

結局、大本の原因は、糞を漏らしたときからの自己暗示、つ
まり自分で作り上げていたのです。

掌乾癬と同じように、足の裏乾癬かも知れない。
戻る
戻る