乾癬アトピーを病気というな:新説!

乾癬やアトピーなどの皮膚障害症候群を病気と言うべきではないと気が付きました。
その理由は
1、乾癬では死なない
2,乾癬は伝染しない
3,乾癬は遺伝しない
(乾癬と言うが総称です)

この三つの点で乾癬は病気ではないと言えるのです。

病気というのはやがて死を迎えたり、発熱したり、下痢したりと言った生命維持を不安定にす
るものです。また外からの原因たとえば、ヴィールスや害虫、などによる、疥癬などとも違いま
す。
ダニや花粉、アレルギーの問題だという人が多いのですが。それで悪化したとも言えないので
す。
膿を持った乾癬は無いからです。スピロヘータなどによる梅毒の崩れとは違います。


この一連の皮膚状態は、
鬱血という現象によるもので、鬱血してしまった古い血液を、皮膚の外に排泄しようとする生命
維持反応的現象であると言えるのです。
古い血液を排泄するのに、皮膚という細胞に変化させているということです。
鬱血の量が多くなれば、皮膚化も速まり厚く剥離してくるのです。
鬱血が引けば、剥離する必要が無くなり、乾癬状態が減退してきます。

鬱血させてしまう原因は、脾臓の機能低下とみています。



直通090−3606−4239
CD本は1500円です。
teate1@jk2.so-net.ne.jp


戻る
戻る