北海道に乾癬と膵臓癌が多い訳は?
膵臓癌死亡率日本一という札幌だと、北海道新聞が伝えていた。
商工会議所のじいさま達は、札幌をスイーツ王国にするとばかりにエイエイ
オーっとやって居られますが、何と誇るべき日本一を造り出したのです。
膵臓癌だと診断されれば、後数ヶ月の命と決まり、癌保険で楽しい末期を
過ごせるという配慮でしょうか?

空気が冷たいので口の中が冷えてしまい、甘さが感じられないので、他の
地方よりは倍くらいの砂糖を使ってしまうのです。これが膵臓癌と糖尿病予
備軍製造都市となっているのです。
さらに、ジャガイモ大好き人間がとても多いのです。
ジャガイモを一ヶ月30キロも食べるという老夫婦と息子三人の家庭が発見
された。
ジャガイモの成分はインシュリンを強く引き出す力があると知れています。

子供の頃から塩茹でしたほくほくジャガイモを毎日3〜4個食べるなどと言
う男性は23才から乾癬が発症したのです。

そういった生活を続けている人には爪乾癬も多く出ています。

ジャガイモを背中の膵臓裏に半割にして並べたように腫れている人が多い
のです。
体つきはメイクイーンみたいになっているし、上向きになると腹は男爵いも
になっているのです。

更に追い打ちがあるのですぞい。
スイートコーンです。
お百姓様はご努力されて、生で食べても甘くて美味しいというトウモロコシ
を作り出しているのです。そして梨と同じ甘さのほうれん草を生でばりば
り??


これらが有り難いことに、膵臓癌、糖尿病、そして乾癬を造り出している元
凶なのです。

原因が解らないと言う乾癬群の皮膚障害症候群ですが、この世に原因の
ない結果は絶対にないのです。

膵臓が腫れ上がり、脾臓を圧迫し、脾臓の濾過装置が働かなくなり、古い
赤血球が体内を巡り出すのです。

糖分過多は、肝機能低下を起こし、腸機能低下を誘発し、どんどん病気に
なるのです。

戻る
戻る