乾癬の原因を語る
乾癬の原因は解らないと言うのが定説のようになっているが
それを突き止めねば治療の方法も確立できないと言うのが現
状である。

遺伝子の問題か?
遺伝子の問題だとされていて、マウスにほかの皮膚を移植し
たら厚みが出たのか乾癬状態になったから遺伝子を突き止め
られたというのだが、それだけで遺伝子の問題と言い切れるか
が問題である。遺伝的つながりは認められないにもかかわら
ずこれは必ず遺伝すると言い切ってしまい、結婚すら出来ない
と苦しむ人を造り出している。

ストレスの問題か?
また、簡単に毒素が出ているのだとか、ストレスによる物だと
か、体内の不要物質が多いからだとか言うことも書かれている
が、本当にそう確信できるのだろうか、毒素などという曖昧な
言い方で納得してしまいそうだが、どの毒素が出ているという
証明が有るのだろうか?
疑問だ?

免疫の問題か?
更に免疫問題だとする人も多いが、免疫が上がりすぎている
からか下がりすぎているからか?
それが論じられていない。私の処に来る乾癬の人は鬱血によ
って血漿も同時に溜まりその中のリンパ液も溜まって酷くなり
免疫が皮膚表面で高まっているようで、他の病気にならない、
簡単には風邪など引かないと言うことであるが、乾癬が引いて
くると一様に風邪を引きやすくなるのは、皮膚表面の免疫が鬱
血が引いて普通になったといえるであろうと考えている。

だから簡単に免疫の問題だと片づけるのはいかがなのもで有
ろうかと思う。

原因は何だというのか?
結論として言うならば。
この一連の皮膚障害症候群の原因は
脾臓の機能低下による古くなった赤血球の
体内循環に因る鬱血である。
と言える。
戻る
戻る